スピーディーコースで十分汚れは落ちる!パナソニック プチ食洗「NP-TCM4-W」の感想&レビュー

現在2人で暮らしていますが、今年の年始にPanasonicの食洗機「NP-TCM4-W」を購入しました。
結論としては、こちらの商品に大変満足してます。
今回はコチラの商品を実際に使用してみた感想や、メリット/デメリットを書かせていただきました。
購入を検討されている方は是非ご参考ください^^

こんな方にオススメ

  • 1~3人暮らしの方
  • 賃貸に住んでいる
  • 安く食洗器を購入したい
  • 時短(30分)で洗浄したい
  • 乾燥機能がほしい

機能

下記3つの機能が備わっています。
  • 「標準」洗浄
  • 「スピーディー」洗浄
  • 「乾燥」
わたしは以下の設定で使用してます。

<洗浄> スピーディー
【理由】
・標準コースと洗浄力が変わらない。
・ 洗浄音が気になるため少しでも短い時間で洗い終わらせたい。

<乾燥> 使用していない
【理由】
・電気代がかかるため。(フタを開けていれば20分ほどで自然乾燥します

※ 補足 ※
「NP-TCM4-W」の同シリーズに「Panasonic プチ食洗 NP-TCB4-W」というものがあり、価格も約1万円ほど安いのですが「NP-TCM4-W」との大きな相違点は以下の通りです。
  • スピーディー洗浄の有無
  • 乾燥機能の有無
  • デザイン(本体一部色)の相違
わたしはスピーディー洗浄機能がほしくて「NP-TCM4-W」を購入しました。
理由としては、1LDK 14畳のリビングで生活をしていますが、やはり洗浄音は気になります。
スピーディー機能を使用すれば30分、使用しなければ60分程洗浄時間がかかりますが、この30分の差はわたしにとっては大きいです。
また、本体の色も「NP-TCM4-W」のほうが断然好みでした。

左:NP-TCM4-W
右:NP-TCB4-W

実際に使用してみても、スピーディー洗浄のお陰で洗浄音が気になる時間が少なく、本体の色合いにも満足しており「NP-TCM4-W」を購入してよかったなと思います。

予算

食洗機を使用するためには下記の費用が必要となります。
わたしが購入した2019年1月時点の情報を基に記載させていただきました。
本体
購入する店舗にもよりますが、約35,000円前後です。

付属品に「専用洗剤」「吸盤」「排水ホース」「給水ホース」「調整脚」がついてます。

分岐水栓
見落としがちですが「分岐水栓」を別途準備する必要があります。
この分岐水栓が思いのほか高いです。
各家庭によって必要な分岐水栓の種類が異なるので、事前に調べておく必要があります。
コチラのサイトより必要な分岐水栓の検索ができます。

わたしの家(賃貸)の場合、約7,800円しました。
▼我が家で使用している分岐水栓


モーターレンチ (※自分で取り付ける場合)
分岐水栓を取り付ける際に準備が必要です。
こちらは約1000~2000円です。

取付工事費
自分で取り付けることもできますが、業者にお願いして取り付ける場合は工事費用も必要となります。
店舗により異なりますが、相場は5000~10000円程です。
我が家は自分たちで取り付けを行ったのですが、色んな方がブログやYouTubeに取り付け方の情報をアップしてくださっているので、その情報を参考に取り付けることができました。
(とはいえ、だいぶ手こずり1時間程かかりました。笑)

本体スペック


  • 本体外形寸法 <>はドア開放時:幅470×奥行300<598>×高さ460<467>mm
  • 製品質量:約12kg
  • 電源コードの長さ:約1.9m
  • 給・排水ホースの長さ:給水 約1.2m、排水 約1m
商品の庫内を動画撮影しました。

設置場所

台所横に3段メタルラックを設置し、その上に置いてます。
こちらの3段メタルラックの耐荷重は棚板1枚あたり約50kg、全体で約100kgなので、余裕をもって乗せることが可能です。
また、水道と食洗機を繋ぐホースは画像のようにうねっていても問題なく使用できます。

洗浄力

実際の洗浄力はどんな感じなのか、洗浄前と後の食器を撮影し比較してみました。
洗浄前

▼ハヤシライスを作った後の鍋

普段は水ですすぎ洗いをしある程度汚れを落としてから食洗器に入れてますが、今回はあえてすすぎ洗いせずに洗浄しました。

収納後
メーカーは「食器 18点」収納できると明記してますが、食器の形によって変わります。
写真の味噌汁用お椀のように、高さがある食器を入れると幅をとるので、なるべく高さのない食器を使用することをオススメします。
この写真ではお椀、皿、タッパー、鍋ブタなど14点+箸、スプーンが入ってます。
(写真の左上にもまだ余白があるので、あと2点ほどものを詰め込むことができます。)
2、3人暮らしだとこれだけ入れば十分だと思います。

鍋(直径21cm)は大きすぎるため、別で洗浄しました。
この鍋の直径がギリギリで入るサイズです。

洗浄後





実際に使用してみて分かったこと
基本的には汚れはキレイに落ちますが、お玉、フライ返しなどに付着したガンコな汚れやカレーなどのハイレベルな油汚れは食洗機ではキレイに落ちません。

ガンコな汚れは食洗機の熱湯でふやけさすことができるので、食洗機で洗ったあとに水でゆすぐか、スポンジで軽く洗うとキレイに汚れは取れます。

また、カレーの油汚れは、カレーをよそった皿は食洗機をかける直前まで水に浸しておくとキレイに落ちますが、鍋は食洗機で洗ったあとに洗剤をつけたスポンジで軽く洗う必要があります。
「スピーディー」「標準」コースどちらも洗浄力は同じでした。
※通常の油汚れ(炒め物や煮物など)はキレイに落ちます。

この辺りの汚れの落ち方はどの食洗機でも同じではないかと思います。

総評

冒頭にも書いた通り、個人的には大満足してます!

元々、家事の中で洗い物が一番嫌いで洗い物を溜め込んでしまう性格だったのですが、食洗機を購入してからは食洗機庫内に食器を放り込むだけなので、溜め込むこともなくなり、家事の負担やストレスが大きく減りました。

また、食洗機を購入する前は洗うのが面倒くさいので「なるべく食器を使いたくない」という理由から、一つの皿に複数のおかずを盛り付けたり、シンクに置きっぱなしにしている未洗浄のお皿や箸をサっと水でゆすいで再利用するという汚いことを平気でやってましたが、今はそのような貧乏くさいことをすることもなくなりました。笑
食洗機を購入したことで、洗い物のことを気にせずに食器を使いたい分だけ使えるようになったし、常にキレイな食器を使用して食事ができています。

水道代や電気代も今までと何ら変わることなく、全く気になりません。

わたしと同じように洗い物が負担になっている方は是非購入を検討してみてください^^